ハワイ

住むように旅する| 母子旅ハワイの1日

私が初めて息子を連れて母子旅をしたのは息子が3歳の時、ちょうど1年前のことでした。行き先はもちろんハワイ。

あの時は「ワイキキにハリケーンが来る!」と大騒ぎになり、アラモアナを始め殆どのお店は夕方でクローズ。どこのお店もドアの前に土のうを積んだり、板を貼り付けたりして只事ではない様子でした。

ワイキキの夜はゴーストタウンと化し翌日はほとんどの店舗がクローズして、バスも運休。ABCストアは水や食料を買う人で溢れかえり、入店規制する程で、旅行どころではありませんでした。

「これは凄いのが来るぞー」と覚悟した翌日、結局ハリケーンは進路を変えて、お天気に。

これも良い思い出です。

そんなこんなであっという間に9泊して帰国の日になったのですが、ハワイに行く前は「9泊もすれば十分だよね」と話していたものの、9泊では全然足りない!

それから年末年始は4週間、今回は3週間と長めに滞在するようになっていったのです。

 

さて今回の旅、最初の12泊は母子旅でしたが、3回目の母子旅ハワイともなると行動パターンはルーティン化してきています。

そこで、私たち2人の1日のスケジュールを書き出してみました。

ワイキキでの1日 #1

7:00am 起床

息子が起きる8:00amまで仕事。朝ごはんを食べておにぎり握って出発!

10:00am 動物園

ワイキキトロリーに乗って動物園へ。

すでに日差しが強くて、動物園に着いたら休憩がてら早めもお昼ごはん。

手作りおにぎりはいつもこんな感じ。

海苔は食べる直前に巻いてパリパリを食べたいいタイプなので、別に持っていきます。

動物より遊具遊びが良い日も。

1:00pm アラモアナSCへ

動物園からアラモアナまで、この日2回目のトロリー移動。

この時間はとにかく日差しが強くて、外に居るのが辛いので、ターゲットへ避難。

スタバで休暇を挟みながら、ターゲットのおもちゃコーナーで遊んだり、食材調達。

4:00pm 遊具遊び

帰る前に遊具遊び。

ここでお友達を作って一緒に遊ぶのが大好きな息子ですが、この日は苦戦。早めの撤退となりました。

5:30pm お部屋でゆっくり

トロリーでホテルまで戻り、ラナイでビール。ゆっくりできるひとときです。

晩ごはんはお部屋で軽く済ませます。

6:30pm サンセットを見にラグーンへ

夜は、サンセットを見にラグーンへ。この時期の日没は18時50分頃。

ヒルトンのラグーン前はサンセットがきれいに見えるので、おすすめです。

8:30pm 就寝

お部屋に戻って寝る準備をしたら、20時半に息子を寝かせて、私は1amまで仕事。

スポンサーリンク

ワイキキでの1日 #2

7:00am 朝ごはん

この旅はchobaniヨーグルトばかり。

この小さなカップのchobaniはワイキキで買うと$4くらいしますが、ターゲットなら半額以下です。なぜこんなに値段に差があるのか不思議!ABCストアはどこも高いです。

8:00am ラグーンへ

朝のラグーンは静かで涼しい。

レインボータワー前なら午前中は日陰なので、涼しく過ごせます。

ラグーンでおにぎりランチをして、日陰がなくなるタイミングでお部屋へ。

1:00pm アラモアナSCへ

途中スタバでお茶しながら、ターゲットのおもちゃコーナーをパトロール。

6:00pm モダンホノルルでディナー

サンセットディナーのつもりが、曇り空で夕焼け見られず。そんな日もありますね!

8:00pm お部屋から花火鑑賞

毎週金曜日のお楽しみ♡ヒルトンの花火。3分くらいで終わってしまうので一瞬ですが、目の前で打ち上げられる花火の迫力は見応えたっぷりです。

この日、小雨の降る中での花火だったので、お部屋から観られて良かった。

この後息子を寝かせて、私は0amまで仕事。

 

母子旅のハワイステイはこんな感じ。旅行というより、ハワイで子育てをしている感覚です。

✓ 移動はトロリー

✓ ランチはおにぎりとスープを持参

✓ 行き先は、ラグーン、ビーチ、ターゲット、動物園、フラショー

これが私たちのハワイステイ基本のキです。

この基本のキで1週間過ごせます(笑)。

 

旅行とは違ってノープランでのんびり、ゆったりと過ごせる母子旅は、一度経験するとハマること間違いなしですよ!

\ハワイのホテルをチェックしてみよう/
【c】【公式】トリップアドバイザー