ハワイ

エルメスで欲しいものはハワイで手に入る!

国内でエルメスのバッグといえば、

「なかなか手に入らないブランド」

としても有名ですよね。

それが国外となると、案外簡単に手に入ったりするんです。

今日はそんなお話をしたいと思います。

ハワイでのエルメス事情

去年のクリスマス前、ワイキキのエルメスに行った時はボリード、ピコタン、ガーデンパーティーなどがいくつも店頭に並んでいて、裏には店頭に並んでいない色も。

とにかく、種類豊富でした。

東京ではボリードが1つもないなんて日はしょっちゅうですから、この品揃えには驚きです。

そして数日後に行ってみると、1つもない!

クリスマスで全て売り切れたのだそう。

 

エルメスは12月31日がお休みで、元旦からオープンしているのですが、元旦のエルメスはオープンと同時にスゴイ人!

決して広くはないロイヤルハワイアンセンター内にあるエルメス(当時は改装中のため、仮店舗)は、ソルド並みの混み具合。

そして、9割は日本人。

この日に合わせて入荷した沢山のバッグたち(主にボリードとピコタン)が次々と売れていくのです。

smk
smk
この店舗だけで、どれだけのボリードが入荷しているのだろう?!と思うほどの数。

国内ではなかなかお目にかかれないシーズンカラーもありましたよー。

ハワイのエルメスはお取り置きできる

バッグを購入している方の中には、お取り置きしてもらっている人もいます。

これってエルメスである程度の金額を購入していて担当のスタッフさんがついているからでしょ?!と思われがちですが、そんなことはありません!

エルメスで欲しいものがあれば、ハワイに到着したその日にエルメスに行きましょう。

お目当ての商品がない場合、お願いすれば滞在中に入荷次第、連絡がもらえるのです。

smk
smk
担当者さんのいない私でもこれで連絡をもらったことがあります(その時は、購入を見送りましたが)。

 

しかも、

スタッフ「〇月〇日にあれとこれとそれが入荷するよ。欲しいならホールドしておくよ!」

私「ホールドしてくれるのは有難いけれど、買うかどうか分からない。。」

スタッフ「大丈夫、見てから考えていいよ!」

こんな感じ。

良心的ですよね。

 

これで大抵の商品はホールドしてくれますが、もちろんバーキンとケリーは例外です。

そして、滞在中に入荷がなくても次回ハワイに訪れる時の為に、名刺をもらいましょう。

(何も買わないくても名刺は貰えます)。

「次回ハワイにくる前に欲しいものメールしてね。商品をホールドしておくわ!」

と、次にハワイに来る時期に合わせてお取り置きもしてくれるのです。

東京でなかなかお目当てに出会えないという方は、是非ハワイで!

バーキンとケリーを手に入れるには?

国内ではバッグ以外で100万円くらいのお買い物をするとバーキンやケリーを紹介してくれるそうですが、ハワイでは、6,000ドルくらいと聞きました(あくまで目安です)。

バッグはいくつ買ってもその100万円や6,000ドルの合計金額には加算されず、アクセサリーやプレタポルテ(洋服)などが対象。

smk
smk
バーキンやケリーを手に入れる為には、エルメスでせっせとお買い物が必要という事ですね💦

 

家族でバラバラに購入するより、1人の名前で購入履歴を残していくのが近道。

とは言え、長く険しい道のりには変わりありません!

 

バーキンは自分で買ってこそ価値がある世界中の女性の憧れ、エルメスのバーキン。私がバーキンの存在を知ったのは20代半でした。 バーキンに憧れた20代、 バーキンを自分...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。