子育て&キッズ

キッザニア東京は子供の成長を感じられる素敵なところ

チケットを頂いたので、先日キッザニアに行ってきました。

初めてのキッザニア、右も左も分からずでしたが、2日間行ってみると、だいたいの地図が頭に入り、どんな風に過ごしたらよいか分かるように。

まだキッザニア初心者ですが、これから初めて行く方のご参考になったらと思い、当日のスケジュールや気づいたことをまとめます。

 

開場時間を目指してキッザニアへ

キッザニアは1部(9:00〜15:00)と2部(16:00〜21:00)に分かれていて、どちらかだけ、もしくは両方遊べるチケットがあります。

1部&2部のチケットを買うと2部への優先入場があるそうですが、体力的にしんどいので、無理せず1部だけを楽しみました。

 

7時半過ぎに家を出て、豊洲へ。

着いたのは8時半頃、開場前なので整理券を貰います。

整理券の番号は、1日目は46番、2日目は51番。

皆さん早いですよね!

 

8時半、開場。

すぐに人気のお仕事に向かいます。

1日目、最初に並び始めたお菓子工場は、人の多さと親と離れてお仕事体験するとは知らなかった息子(初めて行く場所は緊張するタイプ)、列から外れて、「帰る」と。

 

せっかく来たのに…とトボトボ歩いていると、はんこ屋さんのスタッフさんが声を掛けて下さり、「これならできる!」と予約。

そこから少しずつ慣れてきて、調子を取り戻したのです。

 

2日間で体験したお仕事

2日間で体験したお仕事は、18個。

多いのか少ないのか分かりませんが、とにかくずっとお仕事してました。

事前予約して体験したお仕事には、(予約)と記載しています。

1日目のお仕事体験

9:10 ソフトクリームショップ

9:45 はんこ屋(予約)

10:00 サッカースタジアム

10:30 三井住友銀行で口座を作って預金

11:00 絵の具屋(予約)

11:35 観光バス(お客さん)

12:10 ソーセージ工房(予約)

12:45 ピザショップ

13:20 ランチ(作ったピザ)

13:35 警察官(予約)

14:15 買い物

14:25 運転免許試験場(予約)

2日目のお仕事体験

9:00 絵の具屋

9:30 ハンバーガーショップ

10:05 息子、ちょっと早いランチ(バーガーショップで作ったハンバーガー)

10:25 料理スタジオ

10:55 ちょっと早いおやつ(料理スタジオで作ったおはぎ)

11:00 レンタカー

11:30 靴屋さん

12:00 ゲーム(この間にひとりランチ)

13:10 スケッチレーシング(期間限定ワークシップ)

13:30 鉛筆

14:00 パイロット

14:30 お花屋さん

 

2日間とも、6時間ほとんど休まず、次から次へとお仕事体験してきました。

それでも1日9個が精一杯。

お仕事はまだまだあるので、続きはまた次回に。

 

気になる混雑具合

これまでの混み具合を知らないので何とも言えませんが、これくらいならストレスはないかな、というレベル。

2日間とも平日でしたが、2日目は団体さんが午前中で帰ったこともあり、午後はとても空いていました。

ただコロナ渦の今、室内で密になるのはちょっと心配だったりします。ここだけは、気になりました。

 

入場には事前予約が必要なのですが、前日でも予約が取れるので、定員以下と思われます。

これが週末や学校がお休みになる時期だと、もっと混み合うのかなと思うと、平日限定で楽しみたいです。

その気になれば、平日2部に行くことも出来るので、今度チャレンジしてにみようと思います。

 

キッザニアでの上手な時間の使い方

朝から行って、出来る限り沢山のお仕事体験したいという人も、ゆっくりのんびり過ごしたいという人も知っておくと良い上手な時間の使い方です。

 

人気お仕事は朝一で

メガネショップ、お菓子工場、はんこ屋など、人気のお仕事は朝一で済ませるか、行ったらすぐに予約しましょう。

はんこ屋はお昼過ぎ、お菓子工場は午後の早い時間には受付終了してました。

 

また予約できるお仕事は常に1つだけなので、人気のお仕事を予約したら、その間に空いてるお仕事体験をする。

この繰り返しでお仕事体験をどんどんやっていきましょう。

 

食べもの系のお仕事は朝が狙い目!

朝からピザやハンバーガーを食べたい人は少ないです。

だから、食べものを作るお仕事は朝の時間帯はかなり空いているというわけ。

逆に、少しずらして午後にピザやバーガーを作るのもおすすめです!

 

グループより個人で行くこと!

お仕事の1回の定員は、2人〜8人くらい。

グループで来る人たちはみんなで一緒にやることが多いので、人気お仕事でもすぐできる時間が1席空いてたりします。

 

気付いた事いろいろ

最後に、気付いたことをまとめました。

 

エコバッグは必須

今はエコバッグを持ち歩く人が増えましたが、キッザニアにも必須。

お仕事体験で作ったものを入れるバッグがあると便利です。

えんぴつや印鑑、絵の具など小さなものが多いですが、靴屋さんでデザインした靴を厚紙に印刷したものは折ってもA4サイズありました。

以外とかさばったので、エコバッグがあって良かったです。

(ハサミで切ってのり付けして靴を作ることができます)

 

子供は半袖で!

ソーセージ作り、ピザ作り、絵の具作りなど、袖をしっかりめくってするお仕事も少なくありませんので、できるだけ半袖で行くことをおすすめします。

室内なので、半袖でも問題ありません。

ちなみに、11月入ってもまだまだ息子は半袖&半ズボン、アウターも着てません)。

 

荷物は最小限に

館内は暖かいので、コートなどはロッカーに預けた方が手が空いて楽です。

個人的には、ちょっと薄着くらいでちょうど良かったくらい。

キッザニア内にはロッカーがないので、預けるなら入口前のロッカーで。

 

お誕生日月がおすすめ

たまたま今月は息子の誕生日月だったので、キッゾ(キッザニア内で使えるお金)を払うお仕事も全て無料で楽しめてお得感ありました。

 

息子は、どこに行っても「ハッピーバースデー」と言ってもらえたのも嬉しかったみたい。

 

ストラップを手に入れよう

お仕事を予約をする際に必要な予約カード、お仕事体験後にもらえるお仕事カードなどを入れておくストラップ付きのホルダーやカード帳はあるととても便利。

周りを見るとみんな持っていて、息子にも初日に買ってあげました。

こういうって子供は喜びますよね。

ちなみに、三井住友のロゴが入ったお財布は銀行で口座を作るともらえます。

 

この記事を書きながら、次はいつ行けるかな〜とカレンダーを見ながら予定確認してしまいました。

私自身もお仕事体験をしている息子を見ているのが楽しかったりします。

お仕事によってはもう少しお兄さん向けのものもありますが、これから行くたびにできるお仕事、興味のあるお仕事が増えて、少しずつ成長が感じられるのかな、と思ってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。