子育て&キッズ

こどもの英語教育:我が家の英語教育事情を振り返ってみました

日課となっているDMM英会話、「今日も17時半からだからね」と息子に言い聞かせていたのに、どうやら予約し忘れていたみたい。

たまにやってしまうんですよね。

代わりにYoutubeでミッキーマウスクラブハウスを観せておきました。

 

さて、今日は我が家の英語教育について振り返ってみたいと思います。

決して成功例とは言えないのですが、ここまでの苦労を綴ります。

生後6ヶ月~:初めての英語教育、ディズニー英語システム

(太ももの太さに釘付け(笑))

息子が生後6ヶ月の時に始めたのは、ディズニー英語でした。

そう、DWEに手を出してしまったのです(汗)。

当時、私は育休中だったため、朝からDVDやCDをせっせと流し、時々TACカード(単語カード)を使って遊ぶことを毎日続けていたのですが...。

 

それから1年後、生活が一変。

息子が1歳半の時にフルタイムで仕事復帰した途端、子供と過ごす時間が激減。平日は息子とゆっくり過ごす時間がなくなりました。

ここから、DWEのDVDは息子の部屋の飾り物になっています。

 

ディズニー英語は、子供より親の熱意が必要だということを実感。

ちゃんと目標設定して、その目標に向かってコツコツとインプットする。

定期的にイベントに参加してアウトプットも忘れない!

そんな親の努力が必要です。

そして、子供をやる気にさせる努力や工夫もね。

 

私にはそこまでの情熱を持てませんでした。

時々DVDを観たり、TACカードで遊んだりしていますが、あくまでも緩い感じ。

今はYoutubeで色々な動画が観られるので、あえてDWEを買う必要はなかったかな、というのが率直な感想です。

 

DWEはそれほどおすすめはしませんが、最近教材の内容が新しくなったようなので、サンプルだけでも観てみると楽しいかもしれません。

>>ディズニーの英語システム

3歳~:3日で辞めたサマースクール

幼稚園に入園し、少し落ち着いたころから週2回アフタースクールに通い始めたのが、3歳半の頃でした。

そして、そのまま夏休みに入ると同時に週5でサマースクールがスタート。

でも3日で辞めました。

 

これを機に、英語嫌いになり、しばらくは何もしないでおこうと決めたのです。

本人にやる気がないのにやっても身にならないですからね。

3歳~:子連れ海外旅行

(ワイキキビーチでルンルン♡)

サマースクールを辞めてしまった夏休みは、予定がゼロに。

何もしないのはつまらないし、息子にたくさんの経験させてあげたいという思いから、最短で予約できる日程で息子とハワイへ。

 

これがとにかく楽しかった♡

少し前まで子連れの海外旅行どころか国内旅行も大変だったのに、3歳にもなると2人で海外に行けてしまうのですから、子供の成長ってあっという間ですよね。

 

(2019年夏、ヒルトンンのラグーンにて)

それから長期休暇に入ると、「日常では味わえない時間を!」をモットーに、年少、年中の1年4ヶ月間で、海外旅行には6回、計70泊しました。

海外で過ごす時間、外国人と触れ合う時間を通して、英語に興味を持ってくれたらいいなという淡い期待も頂きつつ...。

 

レストランやホテルなどに行くと、

「こういう時は英語でこう言うんだよ」

と伝えると、自分から一生懸命伝えようとしていたり、

英語を話す喜びを感じたり、伝わることで自信を持って欲しいなと思っていました。

 

私自身、海外にひとり旅もよくしていたので、こういう経験ならどんどんさせてあげたい!と前のめりな姿勢で、息子以上の楽しんでます。

 

コロナ禍で、最後に海外旅行に行ったのは2019年12月。

次に海外に行けるのは再来年かな...と予想してます。

5歳~:突然の休園で始めた英語レッスン

今年2月末、突然幼稚園が休園になり、1ヶ月くらいはただひたすら遊ぶ毎日でした。

だけど、この時間で何かできないか?と思い、始めたのがこの2つです。

 

毎日25分、DMM英会話

4月下旬から始めたのがDMM英会話でした。

ネイティブと毎日25分のオンラインレッスンができるのですが、毎日1レッスン(25分)、プランは、

月6,480円 スタンダードプラン

月15,800円 ネイティブプラン

とリーズナブル。

この安さにとオンラインレッスンという便利さに惹かれて、半年以上経った今も継続中です。

 

レッスン時間も3800分を超えました。

DMM英会話の詳細は「こどもの英語教育:DMM英会話のレッスンを1800時間体験して思うこと」でご紹介しています。

こどもの英語教育:DMM英会話のレッスンを1800時間体験して思うことタイトル通り、息子がDMM英会話を始めて、2ヶ月半が経ちました。 時間にして1800時間、文字にしてみると結構頑張ってきたんだな、...

同時進行で、Rakuten ABCmouseもスタート

DMM英会話よりちょっと先に始めたのがRakuten ABCmouseでした。

以前から気になっていたんですよね、これ。

ABCMouseの特徴

ひとつの単語やフレーズに対して、アニメーションを見て聞いて、練習して、クイズに答えるという流れ。

その後、さらにパズルや塗り絵、ゲームなどのアクティビティもあって、楽しみながら学べるようになってます。

ひとつひとつのレッスンは数分で終わるくらい短いものなので、テンポよく進められるのも良い点です。

 

他にもライブラリーで本を読んだり、レッスンで溜まったポイントでお買い物をすることも。買ったものはマイルームという自分のお部屋に置いて、どんどん自分のお部屋を充実させることができるんです。

とにかくコンテンツが豊富で、使いこなせないくらい。

 

楽天ABCmouse:無料体験

我が家はDMM英会話と平行して2ヶ月試して、どちらかひとつに絞るつもりで始めました。

結果的に、DMM英会話を選んだので、今はこちらはやっていませんが、時々息子が「ABCMouseやりたい!」と言ってくるんですよね。

遊びながら自分のペースで学びたいお子さんには向いていると思います。

 

楽天IDで登録すると1ヶ月無料体験できるので、興味がある方は一度体験してみると良いかもしれません。

我が家はタブレットを持っていないのですが、Rakuten ABCmouseはタブレットがあると便利だと思います。

おすすめのYoutube動画

息子がよく観ている英語の動画をまとめてみました。

Masha and the Bear

息子の大好きなアメリカのCatoon。

主人公のMashaとクマのお話。観てるだけで楽しいです。

よくハワイに行くと観ていたのですが、主人公ほとんどしゃべりません(笑)。

英語の分からない息子でもストレスなく観られるみたい。

ずっとこればかりだと困るのですが、日本語のよく分からないものを観られるよりは良いかな、と。

 

Super Simple Songs – for Kids

ひたすら歌ばかりが続く動画なのですが、観ていて飽きないし、子供が語学を始める時、やっぱり歌からだと入りやすいですよね。

 

Super Simple ABCs

これから英語を始める子供にピッタリの動画。

ABCから学べますよ。

 

STEVE and MAGGIE

こういうテンション高い先生いますよね。

こちらに語りかけてくれたり、歌もあり、すごく楽しい動画です。

字幕も出るので、大人も一緒に。

 

Disney Jr.

昨日観てた、「ミッキーマウスクラブハウス」。

ディズニーは鉄板ですね。

 

今日も息子を褒めて、おだてながら、少しだけ私と英会話レッスンしてたのですが、本人もできると思い込んでいて(←語学はここが重要!)まんざらでもなさそう。

その調子で頑張れ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。