子育て&キッズ

こどもの英語教育:DMM英会話のレッスンを1800時間体験して思うこと

タイトル通り、息子がDMM英会話を始めて、2ヶ月半が経ちました。

時間にして1800時間、文字にしてみると結構頑張ってきたんだな、と思います!

 

子供向けのオンライン英会話は沢山ありますが、ちゃんとした英語講師にお願いすると、週1で5,000円~8,000円くらいが相場です(smk調べ)。

語学は、やるからには毎日でないと意味がないと思ってます。

でもこの金額で毎日レッスンを入れるのはなかなかキツイ。

今は講師のクオリティよりも、できるだけたくさん英語を聞いて話す機会をもつことを優先して選んだのがDMM英会話です。

 

まだ2ヶ月半なので大きな結果は出ていませんが、DMM英会話を始めて良かったと思ってます。

今回は、DMM英会話を2ヶ月続けてみて感じた良かったところ、そうでないところ、DMM英会話の特徴などをご紹介します。

 

DMM英会話の特徴

DMM英会話は毎日1レッスン(25分)、プランは、

月6,480円 スタンダードプラン

月15,800円 ネイティブプラン

この2つ。

(ちなみに、1日2レッスンというプランもあります)

 

1レッスンあたり、スタンダードプランは209円、ネイティブプランでも510円、とにかく安いのが特徴です。

この2つのコースの違いは、講師がネイティブかどうかということ(日本人講師もネイティブプランに入ります)。

 

子供の英語耳を育てるという点では、ネイティブの英語を触れさせたほうが良いと思い、我が家はネイティブプランを選びました。

 

気になる講師の質は?

講師は、普段会社員や学生をしている素人から英語講師まで様々です。

日本人講師は大学生や留学経験有り、もしくは英語が得意な社会人が多いかな。

外国人講師は現役の(もしくは元)英語教師だったり、社会人、主婦という方が多く、日本人講師のように大学生という人は少ない印象です。

 

最近息子がレッスンをする講師は、イギリス人2人、南アフリカ人1人のうちスケジュールが合う方にお願いしています。

これまで10人以上の講師とレッスンをしましたが、相性と教え方が大切なんだなと実感。

子供の場合は「キッズOK」の講師にお願いすることになるのですが、すべての講師が子供に慣れているわけではなく、淡々と進めていく講師だと息子の反応はいまいちです。

残念ながら、リピートすることはなくなります。

逆に、子供が飽きないように楽しく教えてくれる講師だとポイントが高いですね。

 

ここは色々な講師とレッスンしてみて、教え方や子供との相性を見ながら、お気に入りの講師を見つけていくと良いと思います。

各講師のページに行くとプロフィールや自己紹介動画をチェックできるので、最初に講師を選ぶ時の参考にもなります。

 

最初は日本人講師からスタート

いきなり外国人講師とのレッスンには抵抗があった息子、最初は日本人講師との英会話からスタートしました。

25分のレッスン中、恐らく15分以上は日本語です。

息子もお兄さん、お姉さんとの会話が楽しかったようで、日本語でどんどんしゃべりし出して、何のレッスンだ?という時も(笑)。

それでも英語に興味を持ってくれて、続けようと思ってくれているならそれでいいと思っていました。

 

10日くらい経ったタイミングで、「外国人の先生とやってみない?」と聞いてみると、「1回だけなら」と。

緊張の中、アメリカ人講師がパソコンの前に現れ、

「Hello! How are you?」

息子、パソコンの前でフリーズしてました(笑)。

それでも何とかレッスンが終わり、「次も外国人でいい」と言ってくれたので、それ以降はずっと外国人講師にお願いしています。

そうやって2ヶ月半が経ちました。

 

相変わらずレッスン中は???なことが多く、ついつい私は助け舟を出してしまうので、出来るだけ同じ部屋にいないようにしています。

でもやっぱり気になって、チンプンカンプンな時は、横からこっそり教えちゃいますけどね。

 

レッスン内容

レッスンは、自由に会話する形式か教材を使うか2つから選べます。

息子はもちろん後者。

子供には「キッズ英語」という教材があり、全52レッスンでアルファベットから簡単な表現までが学べるようになっています。

 

こちらはある日の教材、Emotion(感情)がテーマです。

Exercise1、先生の発音を聞きながら、一緒に目をつぶったり、口を開けたり、単語を学びます

Exercise2、先生の発音を聞いた後、発音してみます

 

Exercise3はクイズ、先生がクリックして大きく表示された感情を答えます

そして歌を聴いたり歌った後に、会話形式で実際に覚えた単語を使ってみます。

こんな感じで、1つのテーマについて25分かけて学び、1テーマ1レッスンで完結するスタイルです。

 

時々テキストのどこをやっているのか分からなくなっていますが、そんな時は、先生がハイライトしたところがこちらでもわかるので、子供でもすぐに見つけられるようになっています。

よく出来ていますね。

 

キッズOKの日本人講師は少ない

ネイティブ講師にはキッズOKの方はたくさんいるので、とくに予約で困ることはありません。

一方、ネイティブ講師に比べて日本人講師は少ない上、キッズOKとなると限定されるので、予約ができない日も数日ありました。

日本人講師は予約が取りにくいと思っておいたほうが良いです。

 

そしてもうひとつ。

講師によってはあまり発音が上手ではない人も。

ここはYoutubeで事前にしっかりチェックしたいところなのですが、とにかく講師が少ないので、選ぶ余地がなかったりもします。

ネイティブプランでずっと日本人講師にお願いしようと思う人は少ないと思うので(それでは勿体ない)、最初は予約が取れない日があっても仕方ない、ネイティブ講師とレッスンするまでの辛抱と思うしかありません。

出来るだけ早くネイティブ講師とのレッスンができるように、子供の気持ちを高めていけると良いかな、と思います。

 

私は、ちょっと単語を覚えただけでも、

「凄い、凄い」

「もう英語話せるんじゃないの?!」

って息子を褒めてました。

そうすることで、「ネイティブ講師でもいける!」という(根拠のない(笑))自信がついたのかもしれません。

 

DMM英会話を2ヶ月半続けた成果

この2ヶ月半、時々レッスンの時間を忘れてしまったこともあるのですが、それ以外は毎日レッスンをしています。

まだまだ大きな成果は出ていませんが、覚えた単語の数はかなり増えてますし、発音はやたら上手です。

講師がいつも使う質問やフレーズならちゃんと理解して、レッスンを進められるようになりました。

 

講師から言われているのは、単語ではなく、「It’s a 〇〇.」「He is 〇〇.」などセンテンスで答えるように、ということ。

その少しずつ習慣がついてきて、簡単な文章を言えるくらいにはなりました。

2ヶ月半でこれだけ成果が出ているなら十分だと思います。

 

まとめ

DMM英会話は1日たった25分、時間になったらパソコンの前に座って話すだけなので、子供にも親の私にも負担がないので、長く続けられそうです。

今のところ満足しています!

 

コロナ禍で軽井沢に滞在中の我が家ですが、どこにいても受けられるオンラインレッスンって本当に有難いなと思います。

そして1回500円でこのクオリティ、文句なしです。

 

息子も毎日のオンライン英会話がルーティンになっているみたいなので、このまま続けていきたいと思います。

毎日息子を見ていると、楽しくレッスンする日もあれば、淡々とこなす日もあります。

講師の話すことがチンプンカンプンで、「もう嫌だ―」という顔をしながらやってる日も。

内心「ちゃんとやってよー!」と思いますが、静かに見守っていきたいと思います。

 

DMM英会話の無料体験

DMM英会話では、お試しで25分のレッスンが2回無料で受講できます。

7月3日~7月9日に登録すると、無料レッスンが3回まで受けられるそうです!

気になった方は是非、無料体験レッスンを受けてみてくださいね。

ちなみに、我が家は無料体験1回後に入会しました。

 

今の時代、子供に英語教育を受けさせない理由はありません。

そして息子は5歳半、英語を自然に身に着けさせるにはもうギリギリの年齢なので、迷ってる時間はありません。

特に英語耳をつくるには、1歳から3歳までに沢山の英語に触れさせ、引き続き8歳ころまでに英語に触れさせ続けることが大切と言われています。

もう待ったなしですよね。

 

私は大学卒業後に留学しているのですが、やっぱり大人になってから英語を学ぶのは大変でした。

英語が聞こえない、聞こえない。

英語は子供のころに身につけるに限る!と心の底から思います。

 

日本語講師もいて、オンライン、そして低価格のDMM英会話は、とても始めやすいのではないでしょうか。

 

>>DMM英会話

 

子供の英語教育は他にも試しているものがあるので、次回ご紹介したいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。