お気に入り

今季のドラマ、何観てますか?

この週末から明後日にかけての軽井沢はかなり混雑しそうな予感がしていたので、今日は1日中引きこもる予定でした。

11時、近所にちょっと散策に出かけたら、ご近所さんとの会話が弾んだこともあり、帰宅したら13時。

時間が過ぎるのは早いな。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

1週間前にポストした同じ場所で🍁 #紅葉 #秋 #別荘ライフ

smk(@smk_blog)がシェアした投稿 –


紅葉もたくさん見られたし、今年はもうこれで十分。

 

おうち時間

14時前、息子のリクエストで、久々のおにぎりランチ。

3人とも同じ量を作ったのですが、息子からは「足りない!」と。

私のおにぎりを狙い始めたので、晩ごはん用に仕込んでいた煮物をあげときました。

6歳児の食欲、恐るべし!

小学校に入ったらどんぶりでごはん食べるようになるのかしら?!

created by Rinker
¥4,417
(2021/01/22 05:07:13時点 楽天市場調べ-詳細)

 

食後、息子は絵の具でお絵描き、私はティータイム、パパは昼寝(笑)、と三者三様。

休日は、思い思いの時間を過ごすのが一番ね。

 

おやつはいつものスティックチーズケーキ(アトリエ・ド・フロマージュ)。

 

そして、お昼に仕込んでおいた手羽元と大根の煮物で晩ごはん。

ランチ作りながら、晩ごはんもこうして用意しておくとすごく楽だし、味もしっかり浸みて美味しいですよね。

 

こうして自炊してると要領よくこなせるのに、一度手を抜くととことんやらなくなる性格、

東京はちょっと歩けばレストランが沢山ありますしね!

ここでは、車で行かないといけないし、今の時期混んでいるので、必然的におうちごはんが増えるのですが。

 

東京でも軽井沢でも、何だかんだ言って、おうちごはんが一番!

(と息子もよく言ってくれる)

created by Rinker
¥990
(2021/01/22 05:07:13時点 楽天市場調べ-詳細)

 

鈴木京香さんが美しい♡

テレビ東京

さて話は変わって今日の本題。

先日、日比谷線の日比谷駅ホームを歩いていた時に見つけた「共演NG」の看板。

月曜22時?!このドラマ知らない!

と看板をよく見たら、「テレ東」でした。

失礼ながら、普段あまり観ない局なので、番宣を見逃していたようです。

当然ながら第1話も見逃していたので、早速Tverで!

 

1話あらすじ

かつて「結婚したい男」No.1を3年連続で獲得した人気俳優・遠山英二(中井貴一)と「上司にしたい女優」No.1を誇る大園瞳(鈴木京香)という大物人気俳優の2人が弱小テレビ局・テレビ東洋の大型連続ドラマ「殺したいほど愛してる」でW主演することに。

しかし、実はこの2人、25年前、英二の二股交際が原因で破局して以来の“共演NG”だった。

奇跡の共演に世間の関心も高く、テレビ東洋としては異例の豪華制作発表を行うことになったのだが…。

(引用:テレビ東京

 

このドラマに興味が湧くのは、きっと私の年代からそれより上の人なんだろうな、というのが最初の感想。

企画・原作は秋元康さんと聞いて、ちょっとなるほど!と思いますよね。

そしてそう感じるもうひとつの理由は、演出に令和でも平成でもなく、昭和感満載だから。

個人的には違和感ありませんけどね!(笑)

 

そして、大園瞳を演じる鈴木京香さんがとにかくお綺麗で、引き込まれてしまいました。

こんな50代を迎えたい...と憧れます。

とともに、50代も怖くない!なんて根拠のない自信すら湧いてくるのです。

女性なら誰しも老いていくことへの抵抗や不安ってあると思うのです(男性もあるのかな)。

とくに外見上ね。

だけど、こんな素敵に歳を重ねられるならいいよね、うん!って気持ちになりませんか?!

単純な私だ。

(そもそもの作りの違いから始まり、何もケアしてない私では、どうやってもこんな素敵な50代を迎えられないことくらい分かってはいますが)

 

衣装にも注目

テレビ東京

そしてもう一つ印象的だったのが、瞳の衣装。

とくに記者会見のシーンで着ていたドレスが素敵でした。

調べてみたらロンドンのブランド「ロクサンダ」のもの。

 

袖の大きなリボンが目を惹く真っ白なドレスは、

「ザ・女優」

な1枚ですよね。

created by Rinker
¥203,800
(2021/01/21 18:52:30時点 楽天市場調べ-詳細)

 

袖がぽわんとしたこちらのドレスもいいな♡

created by Rinker
¥143,800
(2021/01/21 18:52:31時点 楽天市場調べ-詳細)

 

明日は第2話、今後の展開も瞳の衣装も楽しみです。

 

そして、もう一つ1話から欠かさず観ているのが、「恋する母たち」。

柴門ふみさん原作とくれば、面白いに決まってる!

ドラマに出てくる「母たち」との年齢が近いので、いろいろ共感しつつ...。

このドラマのことはまた改めて書きたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。