WORK

働く女のマネー事情 | 年収1,000万円OLの収支公開(外資系金融機関)

人のお給料って気になりませんか?

ひと月にどれくらい貰って、どれくらい使っているのか。

そこで今回は、私が一人暮らしを始めた頃のリアルなマネー事情を、年収から毎月の支出までセキララに公開します。

当時の私の基本データ

勤務先 外資系金融機関

年齢 20代後半

生活 ひとり暮らし

基本給 6,000,000円(額面)

ボーナス 4000,000円 (額面)

では、収支の内訳を見てみましょう。

1ヶ月の支出内訳

月給 500,000円(額面)

手取り 240,000円※

食費&交際費 60,000円

交通費 20,000円

水道&光熱費 10,000円

通信費 10,000円

美容 20,000円

買い物 90,000円

貯金 30,000円

※手取り額は、税金の他、家賃も差し引かれた額。

借り上げ社宅の制度があり、家賃分は給与所得課税を受けないのがメリット。

これにより、15万円の家賃でも実質11万円くらいで借りられるのです。

smk
smk
当時はどちらかと言えば浪費家で、あるとついつい使ってしまうタイプだった私。

ひとり暮らしをしていると固定費がかさむので、月給50万円は決して多いとは思いませんでした。

最大のコストは家賃

月給(額面)50万円の手取りは35万円くらいでしょうか。

「家賃は手取りの3割まで」

と言われているので、本来ならこの手取りだと家賃10.5万円くらいが理想的。

ただ、会社が賃貸借契約を結ぶリーガルレント制度があったため、実質の負担は11万円くらい。

そう考えると、まあ許容範囲だったと言えます。

smk
smk
11万払うくらいならマンションでも買っておけば良かったという考えもありますね。

お部屋は、セキュリティや綺麗さ、便利さなどから品川港南口にある当時新築だった高層マンションを選びました。

住み心地良く、今振り返っても良い場所だったなー。

品川の港南口は、私にとって人生で一番の思い出の場所になってます。

お金のかけどころとぬきどころ

普段の生活は時間があれば自炊もしましたが、週末は外食が多かったような記憶もあります。

水道&光熱費がいつも1万円以下(正確には、7,000円くらい)だったことを考えると、あまり自炊していなかったのかな。

そもそも、家に居なかったのかもしれません。

食費や交際費もそれ程かかっていた訳ではないので、普段は割とシンプルな生活でした。

一方、買い物に9万円。

smk
smk
お財布の紐緩みっぱなしー。

貯金額3万円、これは少ない!若い頃は貯金より消費だったので、毎月の貯金額は最低金額でした。

スポンサーリンク



ボーナスの使い道

さて、お次はボーナス。

ボーナス(額面)4,000,000円

ボーナス(手取り) 3,100,000円

買い物&旅行 1,100,000円

貯金 2,000,000円

ざっくりですが、こんな感じです。

普段買えない大きな買い物(家具、アクセサリー、バッグなど)に使ってました。

頑張って働いたご褒美です。

普段貯金していなかった分、半分以上は貯金へ。

 

smk
smk
ファイナンシャルプランナーの方に見てもらったら、

「収支の見直しと貯金を!」

と突っ込まれそうな内容かも知れません。

独身時代、しかも20代の頃は、貯金する意識はかなり低かったです。

後先考えず、人生で一番好き勝手に使っていた時期だったかも知れません。

 

証券会社で働いていながら、貯金は全額普通口座へ。資産運用なんて全くしていません。

案外、証券会社勤務のOLなんてこんなものなのです。

働く女のマネー事情 | 結婚1年目の収支公開人のお給料って気になりませんか?ひと月にどれくらい貰って、どれくらい使っているのか。 前回に続いてシリーズ第2弾、今回は私が結婚し...