WORK

働く女のマネー事情 | 結婚1年目の収支公開

人のお給料って気になりませんか?ひと月にどれくらい貰って、どれくらい使っているのか。

前回に続いてシリーズ第2弾、今回は私が結婚した頃のリアルなマネー事情を、セキララに公開します。

当時の私の基本データ

勤務先 外資系金融機関

年齢 30代前半

生活 夫と2人暮らし

基本給 8,400,000円(額面)※転職して基本給アップ

ボーナス 非公開

では、収支の内訳を見てみましょう。

1ヶ月の支出内訳

月給 700,000円(額面)

手取り 500,000円

食費 100,000円

交通費 10,000円

水道&光熱費 20,000円

通信費 10,000円

クリーニング 10,000円

美容 30,000円

買い物 120,000円

貯金 200,000円

共働き夫婦のお財布事情

結婚してからは、夫が家賃、私が生活コストを負担することに。

 

手取り50万円の内訳は、

  • 生活コスト10万円
  • お小遣い20万円
  • 貯金20万円

シンプルです。

夫も同様に、家賃、貯金を除いた額をお小遣いにしていました。

smk
smk
たまに「お互いの収入を知らない」という夫婦がいるようですが、我が家はお互い把握して、変動があればその都度報告し合うルール。

 

さて、独身時代から変わったのは食費でしょうか。

自炊が増えたので、食費もアップ。

10万円のうち、6万円くらいは食材費。

残りが平日ランチや友達との食事代でした。

smk
smk
夫婦でごはんを食べに行く時は、ほぼ夫払いの為、出費はありません。

お金のかけどころと抜きどころ

結婚してから一番お金をかけるようになったのは旅行。

年末はハワイに2週間、それ以外に近場(アジアや沖縄)で4、5日というのが定番でした。

 

特別欲しいものや趣味はなかったけれど、この頃お金を掛けたものが2つ。

  • ホテルオークラのワインアカデミー(入会金20万円、授業料10万円~)
  • 歯科矯正(100万円)

こういう時は、自分の貯金を切り崩して使ってました。

堅実にしっかり貯金も!

貯金額は毎月手取りの4割に

将来のことを考え始めて真面目に貯金。結婚すると変わりますね。

ボーナスの使い道

今回ボーナスは非公開ですが、毎年

「額面の1割を好きに使って良い」

というルールを設定。大きな買い物はこの時にして、残りは貯金へ。

 

働く女のマネー事情 | 年収1,000万円OLの収支公開(外資系金融機関)人のお給料って気になりませんか? ひと月にどれくらい貰って、どれくらい使っているのか。 そこで今回は、私が一人暮らしを始めた頃のリア...