ハワイ

ワイキキ内の移動はワイキキトロリーが便利

smk
smk
ハワイに行った時、ワイキキ内の移動はどうしてますか?タクシーに乗る方も多いかもしれませんが、それはちょっと勿体ない!

私のおすすめはワイキキトロリー。

ワイキキトロリーは行先によって5つのラインがありますが、ワイキキ内を走るピンクラインは、JCBカードを提示するだけで無料で乗れるんです。お得ですよね。

今回は、すでに60回以上乗っている私がワイキキトロリーの魅力や注意点など子連れ目線でご紹介したいと思います。

去年から運行を始めた、ANAエキスプレスの情報もあります!

ワイキキトロリーって?

ワイキキトロリーの歴史

1986年に運行開始したワイキキトロリーとは、乗り降り自由なトロリー&2階建てバスのこと。

ハワイに行ったことのある人なら、オレンジ色のトロリーやバスを見かけたことのある人も多いのでは?!

オープンエアのトロリー&バスでのんびりとハワイを満喫してみると、いつもと違うハワイが楽しめるかもしれません。

smk
smk
最近は2階建てバス以外に、窓が開かないオレンジ一色バスも運行してます。

 

ワイキキトロリーは、サンフランシスコのケーブルカーをモデルに設計されたんですって。

確かに、ケーブルカーに似てる~。サンフランシスコ好きの私は、嬉しい!

「ピンクライン」はこんなルート

ワイキキトロリー公式サイト

ワイキキトロリーには、グリーンライン、ブルーライン、パープルライン、レッドライン、ピンクラインの5つのラインがありますが、JBCカードで無料乗車できるのは、多くのホテル、レストラン、ショップが並ぶワイキキと「アラモアナセンター」を巡回する「ピンクライン」

移動に便利なのはもちろん、トロリーやバスに乗っているだけでもワイキキの景色を楽しめるので、トロリーでぐるっと1周してみるのも良いかもしれません!

ワイキキトロリーに乗ったらここに座ろう!おすすめの席

トロリーと2階建てバス、それぞれのおすすめシートをご紹介します。

  • トロリー:向かって右側のシート(右側ならどこに座っても同じ景色が見えます)
  • 2階建てバス:2階の向かって右側のシート、べストシートは1番前!当然ながら最前列は1つ(2人掛け)しかありませんので、もし空いたら移動してみてください!

写真は、マップの③~④の辺り。

バスの2階席から見るワイキキの景色は、いつもと違って新鮮です。

スポンサーリンク



JCBカードでピンクラインが乗り放題

通常$2(3歳以上)の乗車料金がJCBカードを提示するだけで無料になります。

家族なら、カード保有者以外に大人1名、11歳以下の子供2名が無料に

滞在中何度乗っても無料なので、短い距離でもどんどん乗っちゃいましょう!

 

運行は10分間隔ですが、渋滞で20分くらい待つときもありますし、2台続けてくることも。

特に午後は遅くなればなるほど、渋滞でなかな来ないことが多いので、余裕を持って出かけると良いかもしれませんね。

ワイキキトロリーの時刻表

ワイキキトロリーは、毎日10分間隔で運行していますので、始発と終発時間だけ覚えておくと良いかもしれません。

朝はほぼ10分間隔で来ますが、午後になるとかなりダイヤが乱れます。夕方はさらに渋滞で20分以上待つことももあるので、急いでいる方は注意が必要です。

ワイキキトロリー公式サイト

ワイキキトロリーの乗り方

トロリーの乗り方はとても簡単です。

トロリーの停留所にバスが到着したら、ドライバーにJCBカードを見せるだけ!

smk
smk
ドライバーはJCBのマークと有効期限をチェックしているので、見やすいように提示してあげましょう。

 

またトロリーを下りる時は、通常のバスのようなブザーはなく、席を立つことが「降ります」の意思表示になります。

2階に座っていると「早く降りないと!」と、バスが動いている間に慌てて席を立とうとする方もいますが、とても危険です。

2階にはカメラがついていて、ドライバーは2階の様子が見えるようになっています。

バスが止まってから席を立ってもちゃんと待っていてくれるので、安心してくださいね。

⑪アクアパーム、⑭イリカイホテルには停留所の看板がありません。ホテルの前で待っていてくださいね。

トロリーやバスに乗る時の注意点

小さな子供がトロリーで乗れる場所は決まっている!

トロリーは車体前後の両サイドが柵になっているところがあります。

安全の為、子供(基本的に未就学児が対象と思われます)は柵ではない車体中央部分の座席にしか座ることができません

中央部分に大人が座っていると「後ろに座って!」と言われることがありますので、「何で?」と思わず、協力してあげてくださいね。

 

また、小さな子供はトロリーに立って乗るのもNGだったりします。

smk
smk
これはドライバーによって基準が違うようで、息子を連れて立って乗ったこともありますし、「混んでいるから子供はダメ!」と乗車拒否されたこともあります。

いずれにしても、トロリーは結構揺れるので、子供は座って乗るほうが安全だと思います。

乗車前にバギーをたたむこと

トロリーに乗る時は、必ずバギーをたたまないといけません。

これ、結構大変な作業ですよね。

子供がバギーで寝てしまった時なんて、特に。

慌てないよう、トロリーやバスが見えてきたら乗る準備を始めましょう。

 

バギー置き場は、トロリー内にはありますが、バスの中にはありません

バスに乗車中は持っていないといけないので、あまり大きなバギーだと大きな荷物になって大変だと思います。

公式サイトには、

「トロリー車内へ持ち込み可能な手荷物は、最大60cm×45cm×30cmで、着席時に両膝に抱えることができる範囲までとなります。スーツケースや大型のベビーバギー等をお持ちの場合はご乗車になれない場合があります」

との記載がありますので、ご注意くださいね。

バス発進時は要注意!

ドライバーによっては、お客さんがまだ座席に座っていないうちにバスを発進させてしまう人もいます。

特に2階に続く急な階段を上がっている時は注意が必要で、階段から落ちてしまう大人もいます。

子連れは更に注意が必要です。

 

また、2階は立ち乗りができないので、席がなかったから1階に戻りましょう。

トロリー&バス内は飲食禁止!

車内は飲み物&食べ物は禁止です。

時々プラスチックカップに入った飲み物を持ち込んで飲んでいる人を見かけますが、これはNG。

基本的に乗車拒否されてしまいますので、気を付けたいポイントです。

 

ペットボトルのお水や水筒などはもちろん持ち込みOKですが、乗車前後に水分補給するようにしましょう。

トロリー&バスからから手を出さないこと

トロリーやバスに乗っていると風が気持ち良くて、つい手を出したくなりますが、手や肘を出すことはとても危険です。

隣を走行中の車両に接触したり、木に接触して怪我をする恐れがあります。

 

窓の部分に肘をついていると、気づかないうちに身体の一部がトロリーやバスから出てしまうこともありますので、気を付けたいですね。

走行中の強風にも注意

トロリーやバスの走行中は風が強く、被っていた帽子が飛ばされたり、手に持っているものを車外に落としてしまう可能性があります。

走行中は帽子を被らないこと、所持品はバッグにしまっておくと安心です。

smk
smk
特に子供に持たせているおもちゃは要注意です。

スポンサーリンク



JCBカードでお得に!他にもある優待情報

JCBカードを持っているとお得な優待がまだあります。

  • macy’s(メイシーズ)JCBカードを利用するおt、利用代金より15%オフ
  • FOODLAND(フードランド)で45ドル以上お買い物をすると、オリジナルエコバッグプレゼント
  • JCBプラザラウンジ(ワイキキ・ショッピングプラザ2階)の利用 ※ラウンジ利用の詳細は、こちら

ハワイに行く時は、パスポートとJCBカード!というくらい私のマストアイテムです。

もしハワイに行く予定でまだお持ちでない方は、1枚あると便利ですよ!

便利なアプリ「JCBハワイガイド」をダウンロードしよう!

先ほどもお伝えしましたが、ワイキキトロリーは渋滞でなかなか来ないこともあります。

バスって時間が読めないので不便ですよね。

 

そこで役立つのが、スマートフォンのアプリ「JCBハワイガイド」

このアプリの便利な機能のひとつは、ワイキキトロリーの運行状況が分かること

 

ワイキキトロリーが今どこを走っているかGPS機能でリアルタイムに分かるので、「そろそろバス停に急ごう!」「バス行っちゃったからまだお茶してよう」と時間を有効に使えるようになるので、おすすめです。

アプリ「JCBハワイガイド」の詳細は、こちら

最近のトロリー事情

ワイキキには、H.I.S.のレアレア(Lea Lea)トロリー、JTBのオリオリ(OLIOLI)トロリーなど多くのトロリーが走っていますが、その中で断トツで混んでいるのがワイキキトロリーです。

 

やっぱりJCBカードの無料効果が大きいのでしょうね。

バスの定員は80名ですが、時間帯や乗り場によっては満員で乗れないこともあります!

 

例外なく混んでいるのが、アラモアナセンター発の夕方から夜にかけて

いつも長蛇の列で、1本見送る覚悟で待たないといけないこともあります。

smk
smk
親子でクタクタになっている時間帯、もし混雑を避けたいなら少し早めにアラモアナセンターを出ることをオススメします。

スポンサーリンク



ANAエキスプレス

2019年から運行を始めたANAエキスプレスは、ワイキキ(Tギャラリア)とアラモアナショッピングセンターをノンストップで結ぶバス。

 

残念ながら車内の写真しかないのですが、バスは新しいく、いつ乗っても空いているので快適です。

バスだけでなく、トロリーも運行してます。

ANAエキスプレスに乗車するには?

利用条件は、

  • ANAマイレージクラブ会員
  • 東京発ホノルル行の往復航空券をANA便名で購入した方 ※他社運航のコードシェア便を含みます
  • 乗車可能期間:東京発ホノルル便の到着日を含む30日間
  • 同行者条件:会員本人を除いて、18歳未満の子供3名まで ※同行者のみの乗車は不可 ※膝の上に座る幼児は1名と数えません

ANAエキスプレスの時刻表と乗り場

ANAエキスプレスは約15分間隔で運行しています。

始発と最終発の時間だけ覚えておきましょう。

  • 始発:Tギャラリア 9時発
  • 最終発:アラモアナ・センター 21時45分発

Tギャラリアの乗り場は、建物内奥、他のトロリーバスの乗り場と同こところにあります。

アラモアナセンターの乗り場も、アラモアナ大通り沿いのワイキキトロリーなど他のトロリーバス乗り場と同じところです。

チケットはアプリで入手!

スクリーンショットをスマートフォンに保存しておけば、乗車時にスムーズに提示できます。

詳細はANA公式サイトにて!

 

[chat face=”EEFC1285-A3E0-405E-B529-720AB6BEFBAF.jpeg” name=”smk” align=”left” border=”none” bg=”gray”]到着した日なら、航空券を見せて乗ることもできるようです。[/chat]

 

ワイキキ中心部に宿泊している時は、アラモアナの往復はANAエキスプレスが便利!

ワイキキトロリーが混雑する夕方の時間帯でも、ANAエキスプレスなら空いているので、長い行列に並ぶこともありません。

smk
smk
ANAエキスプレス、最高!

ワイキキトロリーもANAエキスプレスもワイキキ滞在の強い味方です。