ハワイ

自炊派も外食派も♡リッツ・カールトン・ワイキキのダイニング

(この記事は、2018年1月に滞在した時の様子をご紹介しています。)

前編に続き、後編では「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ」のレストランをご紹介します。

 

リッツ・カールトン・ワイキキには2つのレストランと1つのカフェが併設されています。

ハワイの旬が楽しめる「The Market(ザ・マーケット)

木製の温かみのある壁とスタイリッシュなインテリア

朝食、ランチ、ディナー、ハッピーアワー、バーラウンジ、サンデーブランチ、プライベート・ダイニング、ルーム・サービスと滞在中一番使えるレストランが「The Market」です。

店内は、温かみのある木製の壁やテーブルにスタイリッシュなインテリアで落ち着ける空間。

ロビー階の8階からの景色も◎。オープンエアで開放感のある店内は明るく、時々心地良い風が吹いてきて、何時間でも居られそう。

 子供用のカトラリーやハイチェアも用意されています。

朝ごはんの定番、パンケーキ


朝食のオススメは、パンケーキ。フルーツたっぷりで、朝からテンションあがります!


大きなパンケーキが3枚、かなりボリューミー。

パンケーキの生地自体に甘さはなく、食感はモチモチ。メイプルシロップ&ホイップクリームと一緒に頂きました。

ランチはバーガーでパワーランチ


ランチのオススメは、バーガー。

脂身の少ないパテはさっぱりとしていて、最後まで飽きる事なくぺろりと完食。

最初に出てくるポップオーバー(写真奥)、個人的にはアラモアナショッピングモールにある「マリポサ」のポップオーバーより好きな味です。

ポップオーバーとは?

生地に多くの卵を練り込んでオーブンで焼き上げたパンのこと。中は空洞で外はカリッとしたおやつのようなロールパンです。

ワインは小さなデキャンタに入れて出てきました。

ここがワイキキということを忘れてしまう程、静かでゆったりと時間が流れています。

夜お茶もできます!


滞在中、ディナーに伺うチャンスがなかったのですが、食後のデザートで夜21時頃に訪れました。

頂いたのは、柚子パンナコッタ。グリーンのふわふわしたものはスポンジケーキです。

ソファ席の隣はバーカウンターで、夜はとても賑わっていました。子供が小さいと夜の外食はなかなかハードルが高かったりしますよね。でもちょっと気分転換したいなという時は、子供がバギーで寝ている間にこっそり夜お茶してみてはいかがでしょうか。

プールサイドでランチ


The Marketの前には屋外プールがあり、プールサイドでは飲み物と一緒にサンドウィッチやバーガー、フレンチフライなど、The Marketのメニューの一部がオーダーできます。

凄いのきた!と思ったら、私が注文したバーガーでした。

揚げたカニが丸ごと入ってます。何とも豪快ですよね。さつまいものフレンチフライもどっさり!

スポンサーリンク


日本の名店がハワイへ!「すし匠」

The Ritz-Carlton Residences Waikiki Beach

四谷の名店「すし匠」の米国発進出の店舗。同業者である寿司職人たちからも一目置かれるほどの、繊細な江戸前鮨をハワイで味わうことができるんです。

店内は10席のカウンター席のみ、メニューはおまかせのみ(300ドル)、といった日本式のこだわり。

13歳未満は入店禁止(個室は可)です。

コンシェルジュに聞いたところ、1ヵ月先まで予約がいっぱいで、キャンセル待ちもすでにいっぱいで受け付けていないとの事でした。すでにハワイでも予約困難になっているようです。

デリやお酒が充実!Dean & Deluca


日本でもお馴染み、ディーン&デルーカがハワイ初出店!

ホテルの1階にあるので、出掛ける時にコーヒーを買ったり、お部屋に戻る前にパンやデリ、スイーツを買ったり、とにかく重宝するお店です。

お土産を買うにもおすすめ。チョコレートやオリーブオイルなどもあります。

デリが沢山!


ショーケースには美味しそうなデリがずらり。

パンは、クロワッサンやバゲット、マフィンなど。

レジ横のショーケースに並ぶスイーツについつい惹かれ、4種類程頂きました。

おすすめドリンク&デリ

コーヒーが飲めない私のお気に入りは、ハワイアンソーダー。パイナップル、ピーチ、マンゴーなど5種類ほどのフレーバーがあります。ハワイアンソーダ―は炭酸水にフルーツシロップを混ぜたもの、甘いジュースが苦手な方でもさっぱりいただけます。

「Today’s Soup」のコーンチャウダーはとうもろこしたっぷりでこれ1杯でお腹がいっぱいになるほど。日替わりなので毎日同じではないのですが、コーンチャウダーの日は買ってました。


ガーリックシュリンプ&ジャンバラヤ、デザートにはケーキ。全部で20ドルくらいでした。

お惣菜は量り売りしてくれるので、色々なものを少しずつ買ってみるのも良いですね。

大人気!ハワイ限定バッグ


ワイキキ店オリジナルのバッグ、店頭に並ぶとすぐに売り切れてしまうほどの人気です。

「HAWAII」のプリントに惹かれますよね。

限定トートはとにかく人気のようです。

現在、Dean & Delucaはロイヤルハワイアンセンターにもオープンしていますが、このトートはリッツカールトン店の限定。

ロイヤルハワイアンセンター店にも限定トートがあり、毎朝6時半から整理券が配られるほどの人気なんですって。

2階はワイン&チーズコーナー

2階はワイン&チーズコーナーです。

ワインやチーズなどがいただけるワインバー&ラウンジも併設されているので、こちらで購入したものをその場でいただけます。

チーズは測り売りしてもらえるので、少量の購入にも対応してもらえます。

我が家は、こちらでワインとチーズを調達してお部屋でいただきました。

自炊、レストラン、ルームサービス…食事の選択肢が多いのはホテルコンドならでは!

コンドミニアムといえば自炊が基本ですが、ホテルとしての施設もしっかりあるのが「ザ・リッツ・カールトン レジデンス ワイキキ ビーチ」。

旅行中、「今日は自炊しないでゆっくりしたい」「帰る時間が遅くなって、料理をする時間がない」なんて日もありますよね。

そんな時は、レストランやルームサービス、デリなどホテルの中のダイニングを活用すれば、滞在がより快適になること間違いないです。

 

ザ・リッツ・カールトン・ワイキキ・ビーチ

住所:383 Kalaimoku Street, Waikiki Beach, HI 96815, USA

公式サイト:https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/hawaii/waikiki

ザ・リッツ・カールトン・ワイキキ・ビーチをチェックする:
ホテルズドットコム
エクスペディア

 

スイートルームで至福のひとときを♡「ザ・リッツ・カールトン・ワイキキビーチ」 いつも楽しく拝見しています。 以前、他サイトでハワイや沖縄のリッツカールトンの記事を書かれていて、いつも参考にさせて頂いておりまし...