ハワイ

ヒルトン・オーナーズ会員が教える「買ってはいけない?!ヒルトン タイムシェア」の話

ヒルトンと言えば、世界各国に5,800以上のホテル・リゾーツを展開するホテルブランド。

そのヒルトンが運営するリゾートを購入できるのが「ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ」です。

ハワイに限らず、国内でも勧誘しているので、「説明会に参加してみませんか?」と声を掛けられた経験のある方、多いのではないでしょうか。

smk
smk
2018年12月から年明けにかけてハワイに訪れていた私も同じく、DFSで声を掛けられて説明会に参加した1人です。

ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ、とは、1つの部屋を52週に分けて、1年あたり1週間分の利用権を購入する「タイムシェア」のこと。

52人でコンドミニアム1部屋を所有するイメージです。

ワイキキの物件はとにかく高い!

この時、コンドミニアム購入を検討していたsmk家。

だけど、ワイキキの物件はとにかく高い!

東京では考えられない築年数の古いコンドミニアムがびっくする値段で売買されているのです。

コンドミニアムをいくつか見せてもらった結果、我が家には無理だと断念しました。

ちなみに、トランプも検討していて話を聞いたのですが、滞在しない期間中、お部屋を半月貸したとしても管理費すら賄えない。

その上、投資用として購入すると固定資産税も高い。

いっそのこと、固定資産税が安く済む自宅用として買った方がはるかにお得だったりするのです。

ハワイに毎月行けるわけでもないのに、自宅用として購入するには固定費が大き過ぎます。

smk
smk
ハワイに別荘を持つ人は損得を気にしない人ばかりでしょうから、我が家はもともと無理だったという結論に達しました。

ヒルトンのタイムシェアを買いました

コンドミニアム購入を諦めた後、DFSでヒルトン・グランド・バケーションズのスタッフに声を掛けられ、説明会に参加しました。

「そうだ、タイムシェアという手があった!」

と、ルンルンだった私です。

セールストークに惑わされてはいけない!

会場はグランド・ワイキキアンの上層階、沢山の参加者で賑わうラウンジで少し待ってから、個室に通されます。

若いスタッフの方から一通り説明を聞いて、グランド・アイランダーのモデルルームの見学へ。

きれいに手入れされたお部屋を次々見学して、ペントハウスを見終わった頃には、もう「欲しい♡」となっている訳です。

 

そして、最後にベテランの女性スタッフが出てきて、

「いかがですか?」

と。

迷っている私たちに、

「本日ご契約いただければこちらのお値段で...。」

と100万円近くディスカウントされた値段が提示されます。

「こちらは本日のみのお値段になります」

トドメの一言で契約してしまう人は多いのでしょう。

smk
smk
ディスカウントされたとしても数百万するものを即決することはできません。

夢見心地だった私もお金の話になった途端、損得勘定始めてました(笑)。

スポンサーリンク



 

タイムシェア、損得勘定してみよう!

タイムシェアって本当にお得なの?!

というのが世間の疑問ですよね。

ということで、タイムシェアを購入すると何年で元が取れるのか?計算してみましょう。

「グランド・アイランダー」の一番安いお部屋、1週間の権利を買う場合、

  • 物件価格 約3,300,000円
  • 初回登録費 約200,000円
  • 管理費 約150,000円/年
  • 会費 約20,000円/年

タイムシェアのお部屋は、ホテル予約サイトからも一般予約することが可能です(もちろん空きがあればの話ですが)。

グランド・アイランダーはまだ在庫が4割程残っているそうなので(2019年1月現在)、よくホテルサイトにも空室が出ています。

1泊 約48,000円(税金、リゾートフィー込)

※計算し易いように50,000円とします。

 

タイムシェア(定価)、タイムシェア(ディスカウント後)、一般予約(1泊5万円、年間7泊)の5年後、10年後、15年後のコストを計算してみました。

年数 タイムシェア タイムシェア(ディスカウント後) 一般予約
5年 435万円 335万円 175万円
10年 520万円 420万円 350万円
15年 605万円 505万円 525万円

ディスカウントでタイムシェアを買った場合、15年くらいで回収可能という計算に。

元が取れる15年以降は17万円(管理費15万円+年会費2万円)で1週間滞在できるという訳です。

ここでやっとお得感が感じられますね。

ただし、管理費は毎年3%ずつ上がっていきます。

近い将来、確実に20万を超えていくと予想されますので、回収できるのはもしかして20年くらいかかるかもしれません。

 

ところでこの管理費15万円…安いのか高いのか分かりませんよね(笑)。

よく考えてみてください。

52人のオーナーがいるのですから、たった1部屋に年間管理費が780万円!!

一般的なコンドミニアムと比べるとひっくり返るくらいの管理費を徴収しているということが分かります。

smk
smk
この数字を見たら、タイムシェアを買うことを躊躇する人がほとんどではないでしょうか。

リセールのススメ

結局、我が家はリセールでグランド・アイランダーを購入しました。

ヒルトンの説明会に行った数日後、たまたま欲しいお部屋がリセールに出ていたので、即決でした!

諸経費を入れても価格は定価の1/3以下です。

リセールのメリットはとにかく安い!に尽きます。

デメリットは、

  • チェックイン時のお部屋のアップグレードがない
  • お部屋の買い替え(例えば、1ベッドルームから2ベッドルームへなど)の時、今持っているお部屋をヒルトンが買い取ってくれるので、アップグレードするお部屋との差額分をだけ払えばよいのですが、リセールだとこれができない

我が家は家族が増えることもないので、1ベッドルームで十分。

買い替える予定はありませんし、アップグレードは「お部屋が空いていれば」という条件付き。

夏休みや冬休みに行くことを考えると、そもそもお部屋に余裕がなくアップグレードされる可能性は低いでしょう。

スポンサーリンク



タイムシェアの最大のメリット!

個人的に、タイムシェアの最大のメリットは、オープン予約という会員特典だと思ってます。

宿泊予定日1ヶ月を切ったお部屋が格安で予約できるのです。

smk
smk
これが欲しいためにタイムシェアを買ったと言っても過言ではありません。

年間30~50日ハワイに滞在する私にとって、ホテル代は大きなコストでした。

コンドミニアム購入がだめでも何か解決策が欲しかったので、これは有難い!

こちらはHGVC会員サイトのスクリーンショットです。

グランド・アイランダーは2万弱(163ドル/1泊(+Tax))で泊まれます(上記スクリーンショットは2泊の金額)。

8月に滞在した19泊中12泊はこちらで予約しました。

8月でも空室があり予約できたので、この方法は使える!と思ってます。

ご覧の通り、1週間続けて予約を取るのは難しいですが、30日前に予約すれば、4,5泊連続で取れることが多いです。

ただし、年末年始は難しいかもしれません。

ハワイ島 オーシャン・タワーとキングス・ランドを比較してみました8月に訪れたハワイ島。 今回はヒルトン・ワイコロア・ビレッジにあるオーシャン・タワーとキングス・ランドに2泊ずつ泊まりました。 ...
ワイキキにある3つのヒルトン・タイムシェア(HGV)を独自評価してみました3週間の夏休み in ハワイの続き。 ハワイ島からワイキキへ移動後、3つのヒルトン・タイムシェアに泊まりました。 ハワイ島同...

タイムシェアの凄い仕組み

タイムシェアは定期的にヒルトンが買い取りをしています。

グランドアイランダーは購入時に在庫が4割ほどあったので、買い取りはまだ(もしくはあまり)行われていないようですが、10年前に売り出したワイキキアンなどは定期的にヒルトンから、

「買い取りますよ~」

という連絡が来るそうです。

また、リセールで安く売りに出ている場合、購入者が手を挙げるとまずヒルトンに買取権があり、ヒルトンがそれを行使しなかった場合のみ、購入できるという仕組みです。

在庫が十分あるアイランダーは、多少安くてもヒルトンは買取権を行使しないようです。

逆に、在庫の少ないワイキキアンは買取権を行使されてしまうので、今ならアイランダーがお得に買える可能性が高いのです。

 

タイムシェアの仕組み、とにかく良くできてます!

ヒルトンが安く買い取ったお部屋は、また定価で新しいオーナーに売り出すのですから、絶対に損はしない、いや確実に儲かり続ける仕組みが出来上がっているのです。

あっぱれ!

smk
smk
タイムシェアの定価の1/3はプロモーション費です。

説明会に参加した人に無料宿泊券や商品券を配り、沢山の人を使って販売促進しているのだから、割高になって当然です。

買った瞬間に価値は半減というのは、このことからです。

タイムシェアレンタルという選択肢も

タイムシェアを持っているのに「今年はハワイに行けない」という場合、所有しているポイントを有効活用したいですよね。

その場合、タイムシェアを第三者にレンタルすることができて、専用サイトまであるんです!

その場合、オーナー側が宿泊者の登録などが必要になり、ちょっと手間なのですが、GWやお盆などの時期だと1週間の滞在で、管理費2年分以上の価格で取引されているようです。

買う側は、それでもホテル予約サイトよりお得なので、win winという訳ですね。

タイムシェア、買って良かった?!

ヒルトンのタイムシェアで言われているのは、

「世代を超えて受継いでゆく、永大所有の財産。この所有権はお子様からお孫様へと代々お譲りいただけます。」

タイムシェアを買った私でもこの点はちょっと疑問です。

こんなセールストークに惑わされてはいけません。

わが家は、将来のことなのでまだ分かりませんが、子供の代までどころか、子供がある程度大きくなったらタイムシェアは手放すと思います。

子供が大きくなればハワイに長期滞在することもなくなるだろうから、その時はホテルで十分という考えです。

smk
smk
個人的にはタイムシェアを買って良かったですし、リセールなら買いだと思ってます。

私はついつい損得勘定してしまいますが、タイムシェアは使い方と考え方次第なのだと思います。

定価でも買って満足している人もいるでしょうし、リセール価格でもいらないという人もいるでしょう。

ただ、説明会に行ったときに衝動買いしてしまい、後悔している人もかなりいることは確かです。

サインする前によくよく考えましょう。

 

ところで、アイランダーを買ったばかりですが、2022年に開業するキングズビレッジの新しいタイムシェアも気になります。

もし買うとしても、もちろんリセール狙いですけどね!

 

タイムシェア購入前にお試しで泊まりたい...という方は、ホテル予約サイトをチェックしてみましょう。

ホテルズドットコム エクスペディア