COLUMN

ひとりっ子ママの決断 | 2人目の諦め方

「2人目の予定は?」

今でもよく聞かれる質問です。

そんな時は決まって、

「ないです。」

と答える私。

smk
smk
そんな私の心の葛藤と2人目を諦めるまでをまとめてみました。

おめでたラッシュに凹んだ時期

息子が1〜2歳になった頃、ママ友たちの2人目おめでた報告が増えて、1年前くらいがピークでした。

そんな時、どこか心がモヤモヤして、彼女たちのおめでたを素直に喜べない自分がいました(心の狭い私)。

「もしかして、私も2人目が欲しいのかも?!」

と、自分の気持ちに気付きました。

 

さらに息子からも、

「ママ、赤ちゃん生まれて!」

「◯◯くん(自分の名前)が赤ちゃんのお世話する」

と。

何とも複雑な気持ち。

smk
smk
しばらくの間、心穏やかでない気持ちが続いたのです。

2人目を作らない決断

医学的にはまだ出産可能な年齢ではあるけれど、息子を産んだ時には既に高齢出産だった私にとって、今からの妊娠・出産は躊躇わずにはいられません(また0歳児を育てる体力もない、かな)。

 

しかも、

万が一、健康に産んであげられなかったら、

万が一、自分に何かあったら、

 

そんなことを考えると、「リスクを背負ってまで積極的に2人目を作りたい気持ちになれない」というのが私の結論でした(他にも諸々理由はありますが)。

もちろん夫婦で話し合って出した結論です。

 

まだ息子が生まれる前のことですが、

「子供0人と1人は大きな差だけれど、1人と2人はあまり変わらないよね」

そんな話をしていたことも。

 

だから、もともと「1人で十分」というスタンスでした。

そして、私たち夫婦は、兄弟を作ってあげるより、今ある生活を守る方を選びました。

smk
smk
それなのに、心のどこかでまだ欲しい気持ちがくすぶっていて吹っ切れない。

「息子に兄弟を作ってあげたい」という気持ちが沸いてくるのです。

なかなか厄介ですね。

スポンサーリンク

2人目はこうして諦める

ひとりの女性が生涯に産む子供の数は1.42人(2018年)と言われていますが、息子の周りはひとりっ子が少ないです。

恐らくひとりっ子は2-3割。

そんな環境だから、私自身、より2人目を意識したし、息子の「ママ、赤ちゃん生まれて」発言に繋がったのだと思います。

smk
smk
私の子供時代は

「ひとりっ子は可哀そう」

「わがままになる」

という風潮があり(今もあるのでしょうか?!ちなみに私は3人姉弟です)、母として少し負い目を感じていたのも確かです。

 

私なりの諦め方。

「兄弟を作ってあげたい」

と思い抱くのは、母親として当然のことなのだから、心に蓋をしては苦しくなってしまうだけ。

ママ友のおめでたを喜べなくても、嫉妬しても良いじゃない!

そう思い、自然と欲しい気持ちが小さくなっていくのを待ちました。

 

今はそんな気持ちもだいぶ小さくなり、だからこそこうして冷静に気持ちを綴ることができています。

 

息子に「ひとりっ子だからこそ出来る経験」を沢山させてあげようと思っています。

旅育もそのひとつ。

smk
smk
ただし、ひとりっ子ママは過干渉になってしまう傾向があるようなので、その点は気を付けたいものです。

自分の人生を取り戻そう

それと同時に、私自身は子育て100%の人生から少しずつシフトして、自分の人生を取り戻そう!と動き始めました。

私の場合、その手段は、仕事です(もちろん仕事以外に、好きなことや勉強を始めるのも良いです)。

子育て中はどうしても子供中心で、子供の人生を歩んでいる感じがしていました。

考え方も人間関係も狭まり、いつの間にか小さな世界で生きているような気持に。

でも社会に出ると、「人生は2人目だけじゃない!」って思えるようになったのです。

友人の言葉に励まされた

最後に私の友人の話をしたいと思います。

私の友人には、あえて2人目を作らないことを決めた子がいました。

彼女は幼い頃、姉妹がいたことで寂しい思いをしたので、「1ミリも2人目を考えたことがない」と言っていました(ちなみに、旦那さんも同じ考え)。

だから、「娘には寂しい思いをさせたくないし、娘だけに100%の愛情を注いであげたい」のだそう。

そんな考え方もあるんだ!と思ったのでした。

 

まだ見ぬ2人目のことより、目の前にいるわが子のことを考える

 

当たり前のことだけれど、できていなかったかもしれません。

そんなことに気付かせてくれた友人には感謝です。

 

「2人目を諦めよう」と思うのは難しいですが、こんな風に考えることで、2人目に対する気持ちが落ち着いていくかもしれません。