アジア

香港は大人だけで行く方が断然楽しい

3月に続いて、また香港に来ています。デモが心配でしたが、今のところ影響はなく過ごせています。

今回も目的は、ディズニーランド。

友人(香港人)からは、

「えっとー、東京にもディズニーランドあったよね?!(笑)」

と言われましたが、香港は東京に比べて空いているんです。東京のアトラクションのみならず、ポップコーンやチュロスまでもが長蛇の列にはうんざりで、香港までやってきたといわけです。

さらに、香港はキャラクターグリーティングが豊富。スターウォーズ、アイアンマンやアントマンなどのスーパーヒーローのアトラクションが充実しているのもポイントです。

ディズニーランドというとプリンセスなイメージがあったので、男の子ママ的には香港ディズニーランドに連れて行ってあげたいと思うのです。

 

香港ディズニーランドネタはまた機会あれば書きたいと思います。

 

さて、香港の思い出と言えば...。

20代、何度も訪れた香港

20代の頃、香港が大好きで2年間で10回くらい行ってました。

賑やか旧正月、外は暑くて室内は寒い夏、イルミネーションの綺麗なクリスマス、観光客が行かないディープなエリアの街歩き、思い出せないけれど小さな島に行ったことなど、思い出が色々。

30代、思いがけずプロポーズ(私から)

5年振りに訪れた香港では、さらに忘れられない思い出が。

当時付き合っていた彼と香港旅行へ。

「一緒に行こう」と誘われた訳でもないのに、

アジアに旅行に行きたがっていた彼に

「だったら香港にしたら?私、案内するー!」

と半ば強引に決めた旅行。

一度は断られたけど(笑)、結局一緒に行くことに。

 

そして旅行中、何となく結婚の話になり、

「私で良いんじゃない?!」

と聞いたら、

「そうだね」

と彼が返事し、結婚の約束を。まだ付き合って2週間の出来事でした。

これは、香港マジックだ!と当時は思ったものです(笑)

【c】【公式】トリップアドバイザー

40代、息子と香港旅

衝撃のプロポーズから11年。

今度は息子と香港2人旅をしていて、つくづく香港にご縁があるんだなと思うとともに、時の流れを感じます。

息子の希望とは言え、3月に続いてまた香港に来てしまうのは、やっぱり私が香港好きだからです。

ただし、気付いたことは、

香港はおとな旅に限る

ということ。

こうして2回息子と来ているけれど、やっぱり香港は大人だけで行く方が断然楽しい。大人が楽しめる街という気がします。

ガイドブックに載っていない小さなレストランで食べて飲んで、夜は小洒落たバーでさらに飲んで、100万ドルの夜景を見ながらお散歩する、みたいな過ごし方が理想なのですが、現実は理想からだいぶかけ離れています。

今日こそホテルのバーに行こうと思っていたのに、子連れオッケータイムの18時を過ぎてしまい、結局ラウンジで夜お茶に。

近い将来、夫婦2人では難しくてもひとり旅でいいから訪れたいです。

 

ただし、旅育という観点では、

ビルだらけの景色、湿度の高すぎる気候、電車やバスに乗ってお出掛け、私の友人(香港人)との交流、いつも広東語で話しかけられる(笑)などなど、この2日間だけでも五感が刺激される経験が沢山あり、息子にとって良い経験になっていることは間違いありません。子連れ香港も全然アリです。